まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

顔見知り同士で頼り合う、「AsMama(アズママ)」の子育てシェアに登録しました。

time 2016/03/09

顔見知り同士で頼り合う、「AsMama(アズママ)」の子育てシェアに登録しました。

ごきげん、いかがですか?

お読みいただいている皆さんは、「子育てシェア」という言葉を聞いたことがありますか?

子育てシェアは同じ園や学校に通うママ・パパ友だちや、顔見知りの友だちとつながって、子どもの送迎や託児を頼り合うネットの仕組みです。

これは株式会社AsMama(アズママ)が運営しているものです。

公式サイトによると、このように書かれています。

AsMamaの考える頼り合いは、預けたら預かってあげる、というお互い様ではなく、預けたい人は預けることばかり預かりたい人は預かるばかりでも
ありがとうの500円をお礼の代わりとすることで互いに気兼ねをせず、それぞれのハッピーが実現できたらいいじゃない、という考えに基づいています。

つまり、全く知らない人ではなく顔見知り同士がお金を支払い、子育てを助け合うというものです。

sponsored link

こんな安心があります

AsMamaの子育てシェアには、次のような安心があります。

顔見知りが前提

知らない人だと子どもも不安になりますが顔見知りだったら安心です。顔見知りとしかつながらない機能があります。

何かあったらと思うと心配

1歳以上を対象に、有償で活動する全支援者に保険が適用されます。

近くに子育てを頼れる人、友だちがいない

AsMama認定・地域子育てのお世話役『ママサポーター』が近くにいます。

『ママサポーター』は、全員が託児研修・訓練受講済みの方で、周りに頼れる友だちがいない人や支援者が見つからない時にも心強い存在ですよ。

まずは、つながることから

公式サイトをご覧になると、より詳しいシステムがわかります。

私が一番安心だと思ったのは、知らない人とは自動ではつながらないこと。

今の世の中、怖いこともたくさんありますよね。

とくに子供のこととなると、システムの利用者とはいえ全く知らない人にお世話や送迎を頼むのには抵抗があります。

AsMamaの子育てシェアで友だち申請の承認をするときには、相手の携帯電話番号の下4桁の入力を必要とします。

これによって、見知らぬ人やなりすましの人と不意につながることを防げるようになっています。

つながるための流れは、こちらで詳しく確認できます。

登録するためのページから自分の情報を入力して、シェアしたい人に申請を出す。

それを承認してもらうためには、自分の携帯電話番号の下4桁を入力してもらう。

そうすることで、子育てシェアの依頼と支援を行うことができるようになります。

c5edffeefccc2614fdaf1f7171c511fc_s

私も登録しました

この便利で安心のシステム。

私も登録し、すでに地域のママたちと繋がっています。

子育てや託児ボランティアの経験もある私が、困っているママやパパのお役に立ちたいと思っています。

もちろん、お世話中は特技の読み聞かせもしてあげますよ。

皆さんもAsMamaの子育てシェアに登録し、助け合いませんか?

sponsored link

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下タカオ

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク