まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

ブログに魂を吹き込む。コラボ企画でナレーション入れました。

time 2015/07/01

ブログに魂を吹き込む。コラボ企画でナレーション入れました。

ごきげん、いかがですか?

当ブログ「まほろば風土記」では、パワースポットやスイーツなど私の好きなものをご紹介しています。

そしてもうひとつ、私の好きなことは声を使うこと。

本業はブライダルやイベントのMCであり、ナレーションを入れた動画の制作もしています。

そんな私が、北海道で活躍されているライターの方とコラボレーション企画を実現しました。

sponsored link

北の大地のライター

今回ご一緒させていただいた北海道のライターは、もりさん。

サンドアーティストとしても活動されており、自身のプロフィールにはこう書かれています。

北海道室蘭市出身、同市在住のサンドアーティスト。作家。

幼い頃から活字を読むのが大好きで、また絵を描くことが大好きな大人しい少年時代をすごす。

美術学校などは出ておらず、すべて独学で学び現在に至る。

2016年から正式な活動を開始。4月に地元室蘭市で北海道初のサンドアート展を開催。

7月には道の駅「みたら室蘭」にて、サンドアート作品100点を展示する

とても行動力のある方で、とにかく一緒にいる人を応援しまくってくれます。

面白いこともやるし、真面目な記事も書く。

懐の深い、人間力のある方ですね。

もりさんのブログはコチラ。

サンドアートライフ
北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

ライター×ナレーター

今回ナレーションさせていただいたのは、もりさん原作の作品。

事業に失敗し、そこから這い上がってきたある男性の物語です。

これは、もりさんが出版されている電子書籍である「もりレポート」の中にも掲載されています。

けっして諦めてはいけないということ。

前に進むためには、努力を惜しまないこと。

この作品からは、そんな思いが伝わってきます。

私も魂を吹き込んで、完成させました。

どうぞ、ご覧ください。

ひとこと

声を使って作品を作るということは、大変ですがとても楽しいです。

ネットで世界がつながる現代、距離はほとんど関係なくなってきています。

北のライターと南のナレーターの合作。

こんなことも出来るようになったのですね。

またコラボ作品に挑戦したいと思います。

作品に声を入れてほしいという方は、こちらまでお気軽にどうぞ。

それでは、ごきげんよう。

画像1

sponsored link

コメント

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下貴生

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク