まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

唐津市のたまご色のケーキ屋さんで味わう親子丼は、新鮮玉子とこだわりの出汁が自慢です。

time 2015/11/21

唐津市のたまご色のケーキ屋さんで味わう親子丼は、新鮮玉子とこだわりの出汁が自慢です。

ごきげん、いかがですか?

以前ご紹介した唐津市浜玉町の「たまご色のケーキ屋さん」。

匠の技が本物を生み出す。唐津市の「たまご色のケーキ屋さん」。

国の特別名勝である虹の松原の南にあり、隠れ家的な雰囲気のお店です。

新鮮たまごを使ったロールケーキやプリンはファンが多く、県内外からたくさんのお客様が訪れています。

実はスイーツ以外に食事も出されていて、夏はスパイシーなカレーをご紹介していました。

今回は季節を問わない定番の「親子丼」の魅力に迫ります。

sponsored link

古民家で過ごす安心感

昔ながらの雰囲気を残す住宅街に、たまご色のケーキ屋さんがあります。

看板

お店の看板の横には、親子丼を紹介する文字が!

DSC_0002

「こだわりの親子丼」。

たまごを専門に扱うお店が、こだわって作られている親子丼ですよ。

期待値は最高潮ですね!!

玄関をくぐると、左側にスイーツのショーケースがあります。

靴を脱いで右側に進むと、こんなに落ち着いた空間が待っています。

DSC_0005

自宅である農家をお店として共用されているため、本物の暮らしがそこにあるような安心感。

その時々の季節を感じるものが空間を飾っています。

DSC_0008

完成度の高い親子丼

さっそく親子丼を注文しました。

出てくるまでの時間が、さらに期待が高まりますよね。

そして登場!!

DSC_0032

たまご色のケーキ屋さんの、こだわりが詰まった親子丼(1,080円:税込)

作っていらっしゃるのは、若きイケメン主任の麻生真司さん。

彼が書かれた文章には、このように紹介されています。

美味しさの秘密はお出汁! お出汁は料理のベースになります。

たっぷりの羅臼昆布で水出し(沸かさないで昆布の旨みを抽出)して、大分のどんこ椎茸で香り付け、本枯れの鰹節、宗田節、鯖節をブレンドして煮出します。

本枯れ節は通常の鰹節に更にカビ付けし、熟成させて旨みがとても強いもので、その分お値段も倍以上ですがその価値があります。

そうして取ったお出汁と、みのり農場の鶏スープをブレンドします。

これに「返し」と言って、蕎麦屋さんなどで使われる醤油とみりんなどを合わせて寝かせたまろやかな醤油で味付けします。

これを読むだけでも、試行錯誤されていることが伝わります。

実際に食べてみると、卵白はフワッフワで柔らかく、黄身の部分はしっかりと玉子の味が出ています。

鶏肉は固すぎず柔らかすぎず、まさに絶妙な噛みごたえのある弾力に仕上がっています。

その上にかけてある山椒の香りがアクセントになり、食欲をそそりますよ。

DSC_0040

丼として使ってあるのは、石川県の極薄の山中塗りです。

自然木と漆の肌触りが心地よく、軽いので自分の手の一部になったような錯覚さえ感じます。

添えてある「おひたし」は日によって変わるとのことで、この日はキノコやホウレンソウを使ってありました。

さっぱりして美味しくいただきましたよ。

これだけのパフォーマンスでこの価格なら、納得ですね。

さわやかスイーツも見逃せない

食後にいただいたのが、りんごのタルト。(カットは320円)

これは季節限定(取材時は11月)の品だそうですが、これまた美味しい。

DSC_0042

食べてみてすぐに感じたのが、なんと瑞々しい!!

それもそのはず、リンゴには火を通してないため、生のシャキシャキ感がとてもさっぱりしているんです。

リンゴのほのかな酸味と、カスタードベースのムースに生クリームの相性が最高。

生地もサックサクで食感が良く、親子丼のあとに食べてもペロッといけちゃいました。

これはコーヒーとセットでいただいても、抜群に合いますね。

お店の情報とアクセス

たまご色のケーキ屋さん

佐賀県唐津市浜玉町浜崎2269

℡:0955-56-6802

営業時間 10:30~18:00

※食事の提供は11:30~14:00です。

定休日:月曜・火曜(ただし、祝祭日は営業)

ひとこと

「もっと食べたい、また食べたい。」

食事のあとに、素直にそう思いました。

もちろん、しっかりとした量もあり、満足感は充分です。

でも、不思議と恋しくなる味。

本物を知る作り手が、心からお客様を喜ばせたいと努力されている証なのでしょうね。

スイーツも食事も楽しめる、たまご色のケーキ屋さん。

また食べに行きますねっ!!

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下貴生

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク