まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

匠の技が本物を生み出す。唐津市の「たまご色のケーキ屋さん」。

time 2015/07/04

匠の技が本物を生み出す。唐津市の「たまご色のケーキ屋さん」。

ごきげん、いかがですか?

玄界灘に面し、風光明媚な佐賀県唐津市には、特別名勝「虹の松原」があります。

DSC_1717

長さ約5キロにわたり、およそ100万本のクロマツが植えられています。

その虹の松原の南側。

ゆったりとした時間が流れるお店「たまご色のケーキ屋さん」をご紹介します。

sponsored link

民家を使った落ち着きのスペース

潮風が届きそうな住宅街を進むと、可愛らしい看板が見えてきます。

DSC_0068

そのまま入っていくと、玄関があります。

DSC_0064

早くも、食欲をそそる写真が出迎えてくれますよ。

玄関をくぐると、左側にスイーツのコーナーがあります。

DSC_0051

安全・安心へのこだわり

ショーケースの中には、私の大好物が勢ぞろい。

シフォンケーキケース

DSC_0029

中でも主力商品のロールケーキは、自社農場である「みのり農場」で採れる「優黄卵」を使用されています。

DSC_0047

「優黄卵」は自然な黄色の黄身と、メレンゲにするとしっかりツノが立つ卵白。

「安心」「安全」「おいしさ」 にこだわり、スイーツにも最適な特徴を持つ卵を使われているのです。

ロールケーキ

食べてみると、しっかりとキメが細かいのに、少しも固くない。

口の中でふわっと広がり、まろやかにとろけていきます。

これぞ絶品。

匠の技とこだわりが生み出した傑作ですね。

野菜たっぷりのカレーライス

建物を入った右側には、スイーツやランチをいただくスペースがあります。

自宅である農家をお店として共用されており、広くて落ち着いた雰囲気は癒しの空間です。

DSC_0006

縁側

座敷と縁側を開放されていて、ここから見えるお庭も素晴らしい。

DSC_0072

ここではスイーツやコーヒーのほかに、ランチをいただくことができます。

ご自慢の逸品は、カレーライス。

見てください、このボリューム。

カレー

スパイスココナッツカレー(コーヒーor紅茶つき)、1,400円です。

オクラ、パプリカ、ズッキーニ、茄子、山芋などの野菜がゴッロゴロ。

さらにコロッケや、ほろほろとやわらかい鶏肉もふんだんに入っています。

市販のカレールーを一切使わず、じっくりと炒めたタマネギがベース。

それに10種類のスパイスとココナッツオイルを使用されています。

まさに、手づくりの優しさでいっぱいです。

ココナッツオイルとココナッツミルクのおかげで、カレーはコクがあるのにサッラサラ。

とても食べやすく、30cmほどのお皿に盛ってあるのにスイスイと口に運んでしまいます。

一緒に出てくるサラダは、キュウリとセロリ、そして甘夏を使用されています。

サラダ

とてもさっぱりしていて、カレーとの相性は抜群ですよ。

夏バテ知らずのスパイシーなココナッツカレー。

これはオススメです。

動画で魅力をご紹介

たまご色のケーキ屋さんの若き主任、麻生真司さんにお話を伺うことができました。

麻生さん

お店の様子も含めて動画を制作しましたので、是非ご覧ください。

いかがでしたか?

主任の麻生さんは、静かな情熱と強い芯を持った方です。

お話を伺っていると、安全・安心に対する一途なこだわりが伝わってきました。

お店の情報とアクセス

たまご色のケーキ屋さん

佐賀県唐津市浜玉町浜崎2269

℡:0955-56-6802

営業時間 10:30~18:00

定休日:月曜・火曜(ただし、祝祭日は営業)

ひとこと

ここで出会うスイーツは、すべて匠の技による本物です。

是非、味わってみてください。

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

朔弥(sakuya)

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク