まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

糸島の絶景スポット芥屋の大門。遊覧船に乗る爽快さを、動画でご紹介!!

time 2015/05/26

糸島の絶景スポット芥屋の大門。遊覧船に乗る爽快さを、動画でご紹介!!

ごきげん、いかがですか?

当ブログでもご紹介しました、福岡県糸島市にある海の洞窟「芥屋の大門(けやのおおと)」。

見渡すかぎりの青い海。芥屋の大門(けやのおおと)は糸島エリアのドライブに最適。

国の天然記念物に指定されていて、高さ64m、奥行き90m、幅10mあります。

玄武岩から成る柱状節理(ちゅうじょうせつり)という形状で、六角柱の岩が特徴です。

今回は遊覧船に乗って、海から見学してきました。

sponsored link

芥屋大門観光社の遊覧船

乗り場は芥屋の大門から南へ少し。

旅館や民宿、料理屋さんが集まる場所です。

観光マップ

DSC_0002

遊覧船の料金は大人ひとり700円。

所要時間は約30分です。

チケット売り場で乗船券を購入し、アナウンスが聞こえたら乗り場へ向かいます。

DSC_0119

糸島市のマスコットキャラ「いとゴン」が描かれた船に乗り込みますよ。

公式プロフィールによると、いとゴンのおうちは芥屋の大門だそうです(^^)

いざ、玄界灘へ出航

港を出て外海に出ると糸島半島沿いに北上し、約10分で芥屋の大門が見えてきます。

実は私、船酔いを心配したのですが、ほとんど揺れることもなく快適です。

DSC_0089

DSC_0032

だんだんと近づくにつれて、柱状節理特有の縦に伸びるラインがわかります。

DSC_0039

自然が創りだしたアート

船はスピードを落とし、洞窟の内部へと進みます。

DSC_0042

間近に迫る玄武岩の柱。

天井に広がる蜂の巣のような岩々を見ていると、その迫力に圧倒されます。

DSC_0047

DSC_0050

これは是非、皆さん自身で体感してほしいと思います。

人工物でなく、自然の力だけでこんなにも美しい彫刻のような芸術ができるのですから。

動画で芥屋の大門をご紹介

今回は動画をご用意しました。

ナレーションを入れて、編集しています。

どうぞ、ご覧ください。

(音声が出ますので、ボリュームにご注意ください)

遊覧船情報とアクセス

「芥屋大門観光社」

福岡県糸島市志摩芥屋677

℡:092-328-2012

定休日:第2・第4水曜日 (7月・8月無休)

※天候により欠航の場合あり

時刻表など詳しくは、芥屋大門観光社のホームページでご確認ください。

おまけ

芥屋の大門を出ると、帰りは糸島半島の海岸を眺めながら港へ向かいます。

DSC_0077

船の旅は本当に気分爽快!!

そして、港に着いたらチケット売り場のそばにある「レストラン志摩」へ。

ここではK・Oバーガーが販売されています。

K(芥屋の)O(おおと)バーガーだそうで、メニューはこちら。

DSC_0121

この日はベーコンバーガー(550円:税込)を注文。

KOバーガー

どうですか、このボリューム。

なんといってもハンバーグが絶品!

柔らかくてジューシーで最高です!!

ベーコンも肉厚で、大満足ですよ。

営業時間は午前11時から午後5時ごろまで。

冬期は運休されているそうなので、詳しくは芥屋の大門観光社のサイトをご確認ください。

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

朔弥(sakuya)

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク