まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

本物の肉の旨さを堪能!! 唐津のソウルフード、はしっこステーキの新牛々庵。

time 2015/09/16

本物の肉の旨さを堪能!! 唐津のソウルフード、はしっこステーキの新牛々庵。

ごきげん、いかがですか?

美味しいものがたくさんある佐賀県唐津市。

いろんなこだわりを持つお店も増えています。

そんな中、今回ご紹介するのは「新牛々庵(しんぎゅうぎゅうあん)」。

赤身のお肉が絶品なんですよ。

sponsored link

はしっこステーキの復活

私が小さい頃、唐津市の西の浜というエリアに「はしっこステーキ」のお店がありました。

新牛々庵のホームページを見てみると、はしっこステーキを約10年ぶりに復活させたとの記載があります。

どうやら新牛々庵は、私の記憶の中にあるお店の流れを汲むものなのかもしれません。

場所は唐津市大名小路。

バスセンターに近く、JR唐津駅からも徒歩圏内という立地の良さです。

綺麗な店内と良心的な価格

店内に入ると、揃いのユニフォームをまとったスタッフの方が応対してくれます。

元気が良くて、テキパキとした姿が印象的です。

各テーブルに鉄板が設置してあり、座敷席もあるという嬉しいつくり。

カップルやご家族連れ、もちろんお一人様にも優しいですね。

店内

店内はとても清潔で、焼き肉店特有のベタベタ感がほとんどありません。

においも漂っている感じはなく、明るさと清潔さが同居している雰囲気です。

そしてメニューはこちら。

新牛々庵 メニュー_中面

この画像はお店のホームページからお借りしました。

セットメニューにある「新牛々庵はしっこ・生ビールセット」は、お肉が120gです。

これにジョッキと小鉢がセットになって1,500円はおトクですよね。

今回もお世話になっているSご夫妻にご招待していただきましたので、3人前を注文です。

お肉の旨味

運ばれてきた赤身のお肉。

「THE・肉」という感じでいいですね。

お肉

アルミに乗っているのはジャンボにんにくです。

唐津市の相知町で採れたものだそうです。

小皿にはスライスにんにくもスタンバイしています。

セットの小鉢はこちら。

DSC_0063

しっかりと味が沁みたお肉とコンニャク。

これでお腹をウォームアップします。

さっそく赤身を鉄板に乗せ、焼いていきます。

DSC_0077

Sご夫妻のご主人が焼いてくれます。

ご夫妻はとても仲が良く、真面目なお話はもちろん、ユーモアのセンスも豊かなので、一緒にいてすごく楽しいお二人です。

ご主人は正義感が強く情熱的。

奥様はインテリジェンスでスレンダーな美人です。

お肉4

鉄板の上で、いい色になってきたら・・・

お肉2

さっそく、いただきます。

お肉3

柔らかいのに適度な歯ごたえがあります。

やっぱり、THE・肉ですね。

美味しい!!

このひと言に尽きます。

写真は塩・コショウでいただいていますが、新牛々庵はタレにもこだわっていらっしゃいます。

タレ2

お好みで選べますよ。

タレ

お肉以外も美味しい

メニューにある「焼きやま芋」と「バターコーン」、「厚揚げステーキ(和風味)」も注文しました。

DSC_0134

焼きやま芋(400円)とバターコーン(300円)。

ホックホクのやま芋は、シャキッとした歯ごたえが気持ちいいです。

DSC_0127

厚揚げステーキ(450円)。

こちらも鉄板で焼いたものです。

和風テイストは、さっぱりした感じがお肉ともよく合いますね。

お店の情報とアクセス

はしっこステーキ・新牛々庵

唐津市大名小路1-45 寺内ビル2階

℡:0955-58-8864

営業時間 17:00~22:00 (OS21:30)

JR唐津駅北口から徒歩約7分

ひとこと

美味しいお肉をしっかりと食べたい方には、ぴったりのお店です。

スタッフの方の対応も気持ちよく、丁寧に接客されていると感じました。

間違いなく、オススメのお店です。

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下貴生

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 絵本の読み聞かせ講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク