まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

ココロを潤す風景がいっぱいの、唐津市のプロモーション動画です。アクセスもしっかりとご案内。

time 2015/04/05

ココロを潤す風景がいっぱいの、唐津市のプロモーション動画です。アクセスもしっかりとご案内。

佐賀県唐津市をご存知ですか?

コラボキャンペーンなどで、佐賀県の知名度が向上しています。

そんな中、唐津市の情報も知っていただきたいので、唐津市のプロモーション動画を制作しました。

sponsored link

唐津市って、こんなところ

九州北部、佐賀県の玄界灘側に位置し、風光明媚な景勝地として観光に力を入れています。

DSC_1717

DSC_1792

平成17年~18年に1市7町2村が合併し、人口は約13万人。

国の特別名勝である虹の松原や、伝統産業の唐津焼、全国に元気を発信する祭り「唐津くんち」など、観光地としての魅力は数多くあります。

海の幸と山の幸に恵まれていて、とくに透明な活き造りで有名な呼子のイカは、休日には行列ができるほどですよ。

各地から唐津市へのアクセス

唐津を訪れるとき、その玄関口となるのは福岡県福岡市。

福岡市には全国からの空のアクセスが便利な福岡空港と、新幹線を含む鉄道のターミナルである博多駅があります。

全国各地~福岡市

まずは全国各地から福岡市までのアクセスをご紹介します。

航空機を利用する

唐津市へお越しになる時、航空機を利用する場合は福岡空港が便利。

後述しますが、福岡空港からJR唐津駅までは、電車一本で直通しています。

福岡空港への空の便は、東京や関西、名古屋はもちろん、札幌や沖縄など全国各地から就航していますので、時間を短縮したい方はとくにオススメです。

全日空日本航空の他、ピーチジェットスターなどのLCCも、数多く就航しています。

鉄道を利用する

鉄道を利用する場合は博多駅が拠点となります。

新幹線の博多駅があるので東京や名古屋、新大阪からのアクセスも便利。

また、九州新幹線の鹿児島や熊本からのアクセスも快適です。

九州各地からの移動についても、在来線は特急が賑やかです。

全国でも人気の高いJR九州の特急列車の旅は、ワクワク感を高めてくれること間違いありません。

バスを利用する

福岡のバスといえば西鉄バス

こちらも本州方面へ多数発着しており、東京や関西、中国・四国方面へと運行されています。

夜行便を使えば夜の時間で移動できるので、効率もいいですね。

福岡市から唐津市へのアクセス

それでは福岡市から唐津市へのアクセスをご紹介します。

公共交通機関

公共の交通機関を利用する場合は、鉄道かバスです。

鉄道を利用する

九州の玄関口である福岡市から唐津市へは、JR筑肥線福岡市営地下鉄が相互乗り入れしているため電車1本で直通しています。

福岡空港駅と博多駅は、福岡市営地下鉄の管轄である地下鉄駅なのでご注意ください。

(※JRの博多駅は地上駅です。)

福岡空港駅~唐津駅(西唐津駅)間を運行する電車は、途中の姪浜駅から地上に出てJR筑肥線として筑前前原・唐津方面へと向かいます。

運行便の半数ほどは途中のJR筑前前原駅での乗り換えが必要ですが、すぐに接続している場合がほとんどです。

所要時間は、福岡空港から約90分。博多駅からでも80分ほど。

筑前前原駅から西は海岸沿いを多く通るため、車窓の風景も楽しめますよ。

バスを利用する

路線バスは博多や天神から、昭和バスが運行する「からつ号」が直通しています。

博多バスターミナルから唐津までは80分。

天神から唐津までは70分ほどです。

運行本数も1時間に2~3本程度あるので、出発の時間によってJRと比較してもいいですね。

マイカーを利用する

福岡市内から唐津市内までは、マイカーやレンタカーの利用も便利です。

福岡都市高速福岡前原道路西九州自動車道を経由して約60分。

唐津市内には浜玉IC、唐津IC、千々賀山田IC、北波多ICなど、多くのインターチェンジがあります。

目的地によって選択できるため、アクセスも便利。

福岡市の中心部から唐津市まで、快適なドライブですよ。

動画でイメージをご紹介

それでは、私が撮影してナレーションを入れた動画をご覧ください。

(音声が出ますので、ボリュームにご注意ください)

まとめ

もちろん、この動画で撮影している場所は、唐津市のほんの一部です。

佐賀県第2位の面積となっている唐津市には、数多くの見どころがあります。

こちらの記事も、よろしければどうぞ。

心願成就、子宝祈願なら、唐津市の鏡神社が味方です。

宝くじ当選のご利益で大人気。唐津市宇木の宝満神社。

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下貴生

山下貴生

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 話し方やアナウンス講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク