まほろば風土記

福岡のフリーアナウンサーが、おすすめのパワースポット、グルメをご紹介します。

安産と育児の神が広く信仰を集める。福岡県糸島市の産宮神社。

time 2015/05/01

安産と育児の神が広く信仰を集める。福岡県糸島市の産宮神社。

ごきげん、いかがですか?

福岡県糸島市にある「産宮(さんのみや)神社」は、古くから安産と育児の神として、信仰を集めています。

DSC_0026

DSC_0022

sponsored link

産宮神社のご祭神

御祭神は

○奈留多姫命(ナルタヒメノミコト)

○彦波瀲武盧茲草葺不合尊(ヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)

○玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)

安産と育児のご利益

安産と育児の御神徳に、とくにご利益があるとされています。

 

DSC_0033

それは、火遠理命(山幸彦)と海神の娘である豊玉姫の子である彦波瀲武盧茲草葺不合尊(ヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)が、お生まれになった逸話に由来しています。

お産のために建てられる産屋の屋根が、まだ葺き終らぬない間に安らかにお生まれになったことから、安産の神様として信仰を集めています。

九州北部に多くの伝説が残る神功皇后も、三韓遠征を前に当神社で産期が延びるよう祈願し、無事願いが叶って帰国後皇子(応神天皇)を安産せられたと伝えられています。

境内には「子安梅」と称されている梅の木があります。これは神功皇后が韓土から持ち帰り、植えたと伝えられる御神木です。


妊婦の方がこの御神木にお願いすれば、お産が軽いと云わっているそうです。

DSC_0042

DSC_0016

そして嵐ファン必携の御守も、神社裏にある宮司さんのお宅でお受けすることが出来ますよ。

二宮神社の御守と潤神社の御守

動画で産宮神社の魅力をご紹介

私が撮影・編集した動画にナレーションを入れました。

短い映像ですが、是非ご覧ください。

(音が出ますので、ボリュームにご注意ください)

初宮参りや七五三参りなどの育児に関する行事では、とくに家族連れでの参拝の方が多くいらっしゃいます。

境内にはブランコや輪投げなどの遊具もあり、子供の声で賑わっていますよ。

DSC_0006

DSC_0003

所在地とアクセス

産宮神社(さんのみやじんじゃ)
福岡県糸島市波多江駅南1丁目13-1
電話:092-322-4159

お近くのグルメ

周辺散策には、こちらのスイーツも絶品です。

アイス好きを魅了する37種類のフレーバー。糸島のカフェReiki。

それでは、ごきげんよう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




*

メディア掲載 (読売新聞)

フリーアナウンサー

山下貴生

山下貴生

福岡県や佐賀県を中心にフリーアナウンサーとして活動し、動画の制作も行っています。 話し方やアナウンス講座も好評です。 唐津市鏡神社の氏子総代を拝命しており、神社やご利益についての記事も豊富です。 [詳細]



sponsored link

スポンサーリンク